妻のDVで離婚しそうなら考えておくこと

現代は離婚がかなり多いです。特に最近は妻から夫へのDVがあることで、離婚を考えている夫は想像以上に多いと言われています。そこで離婚を考えることも出てくるでしょう。

そういった時には、調停のことを考えて証拠を多く残しておいてください。調停や裁判になった時、必ず提出を求められるのが証拠です。ボイスレコーダーに残っている声でもいいですし、何を言われたのか、日時や発言まですべて記録に残しておきましょう。そうでなければ言った言わないの争いになりますので、離婚を考えているならそれぐらいの証拠はすべて揃えた状態で、離婚に向けて話し合いを進めることをおすすめします。

なお、当事者同士の話し合いはこじれる可能性が非常に高いので、調停を起こし、調停員立ち会いのもと、離婚協議を行うほうが一般的です。離婚調停はお互いに会うのではないかと心配する方もいるかもしれませんが、その心配はありません。別室で時間も調整し、顔を合わせることなく調停が進むため、精神的に負担を感じることもないので、離婚は協議離婚か離婚調停による離婚を行うのが一般的です。

一番手間がかからないのは、お互いに離婚届に判を押し、そのまま役所に提出することです。それを行えばすぐに終わるのですが、そうはいかないのが離婚問題の難しいところですよね。